クレジットカードとカードローンの違いは?融資内容は?

クレジットカードとカードローンの違いはかなり大きく、基本的にはまったく別物と考えた方がいいでしょう。なので、漠然とキャッシングできるカードを作りたいと考えている場合は、どちらの方が自分の使い道に合っているのかどうか、きちんと比較してから申し込むようにしましょう。
クレジットカードの場合ですが、利用範囲はかなり広いです。たとえば、インターネットショッピングにも使えますし、町中で食事をしたときの支払いにも使えます。また、携帯電話料金など毎月かかる料金の支払いもできますし、もちろん、キャッシングをすることもできます。
ただ、キャッシング機能はおまけに近く、カードローン審査甘いと違って利用限度額が使っているうちにどんどん上がっていくことはあまりありませんし、金利も比較的高いです。あくまでも、クレジットカード払いができない場面で緊急に現金を引き出したいときに使用する機能といっていいでしょう。
カードローンの場合、クレカと違って様々な料金の支払いに利用することはできません。できることはお金を借りることだけです。ただ、クレカと違って完全にキャッシング機能に特化している分、利用限度額が最終的に100万円を超えることも珍しくありませんし、また、クレカのキャッシングと比べると金利は低い傾向があります。なので、数十万円のお金を借りたいという人にとっては、とても向いているものといえます。
クレカのキャッシング機能は使わず、お金を借りたい場合はカードローンを利用するようにしてクレカと使い分けをするというのもありでしょう。